fc2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

フランス旅行 5  最終日

1月11日~18日のツアーの最終日です。

フランスに着き飛行場からホテルに行くバスの中で、


日本語を上手に話すフランス人のガイドさんが、フランスはスリが多く、バックを狙われるだけではなく
スマホをいじっていると上からスマホを取られるし

特に電車や、人が多いところは気を付けるようにと真剣に注意事項を話してくれました。

聞いてはいましたが、これほどスリの警戒レベルがマックスとは・・・とんだ、所に来てしまった・・・って思いました。

最終日に至るまで、何事もなく楽しく観光していました.

スリが多い地下鉄に乗らないで、ホテル近辺で遊べたらいいなあと思っていたら

パリは、広くて地下鉄に乗らなくては、どこにも遊びに行けないではないですか・・。
困った。

添乗員さんに、よ~く地下鉄の切符の買い方、目的地への行き方を聞いたのですが
不安で不安で。

ホテルロビーで、説明を受けていたら同じツアー仲間の方が二組、切符を間違えて
買ってしまい

地下鉄に乗れずホテルに戻って来きました。

ガイドブックのように、簡単には行けないのです~

親切な添乗員さんは、皆を私たちが行きたい駅まで案内してくれました。

夫は、有名なオルソー美術館&オランジェリー美術館に行きたいというので、

添乗員さんも、大好きなゴッホの絵を見に行ってもいいからと、
オルソー美術館まで案内してくれることになりました。

事件はその時に起こりました、
無事に切符を買って、目的地に行く電車に乗る時です

私は、電車が来たので先に乗り込みました・・皆も当然乗ってくると思っていたら・・

何やら、添乗員さんが強いことばで外人の男性に喧嘩ごしなのです

スリです!   スリが夫のズボンの裾を掴んだので、スリだと気が付いた添乗員さんが、

どんとスリをはねのけ夫は無事に、被害を受けることなく済みました

そのスリの手口は、時計を踏まれたと、ズボンの裾を掴み、カモに近寄り、もう一人の仲間が
「どうしたんだ~」って、近寄り動揺したカモがその周りにいる人からスルのです。

こんな小芝居を目の当たりにしてしまいました、
夫「I'm sorry.」なんてスリに謝っているんですから、日本人は人が良い

簡単にターゲットにされてしまいますね。

パリ自由行動日、スタートからスリの洗礼を受けた私たち夫婦は、もうビビりまくりです

その日は、その後も金の指輪を見せ「落としたのでは?」(そうじゃないかと)って、女性、男性(きっとスリ)が2度近寄って来るという経験もしました。

地下鉄で、学んだので私達夫婦は相手にせず、ふりきって早足で歩いて去るのですが

なんだか、せっかくのパリ シャンゼリゼ通りもゆっくり観光できないじゃない~ぃ

せっかく楽しみにしてきたのだからと、スリに負けず楽しむぞ~と

まずは、

nc9t937BpH49QPb1392978819_1392978904.jpg

byxde3uPAhrngi91392979181.jpg

オルソー美術館 

kdFtQMthwTxld4y1392978994_1392979108.png

有名な彫刻、絵画が沢山あるのですが、時間配分の都合上添乗員さんお薦めのミレー・ゴッホ・モネetsを観て

ODvqKROIv_6s91Q1392979232_1392979312.png

セーヌ川を挟んで向かい側にある、オランジェリー美術館を見学してきました

ここには、360度モネの「睡蓮」がありますが、
生「睡蓮」に感動!

その後は、頑張ってまた地下鉄に乗り

フランスといえば「凱旋門」。

中に階段があり登って、凱旋門の上からパリを見渡してきました


IMVsaCHWOwowLKa1392979358.jpg


S0iQMh3ZXZpmVfz1392979601_1392979635.jpg


BiR_pSFTTyRKga81392979701_1392979717.jpg

階段の下から、上を見た写真です、こんなに登って行きます、きついです~

aIzMQSKUlogZ5FY1392979760.jpg

中には、ちょっと見学コーナー&お土産やさんがあります

Zqw_sJLpzIzt_v31392979865_1392979878.jpg

qF1CnOTLH68neOM1392979929.jpg

右側の道の奥にпの字の門があるのですが、「新凱旋門」が見えます

mZ1DuWHM6K4iL9i1392979973.jpg

ifNFMrzFEkapdjj1392980010_1392980095.png
手のひらに乗ったエッフェル塔、ちょっと下手でした~

VkAQWTr7rfwrlL21392980139_1392980155.jpg
6xAlU3qLi1dVvr_1392980185_1392980198.jpg


凱旋門を堪能した後は、

「オー・シャンゼリ~ゼ」と歌いながら(笑)

WP9mSUyZySXDaNQ1392980246.jpg

ルイ・ヴィトン本店に寄ったり

svTyYC5k_WNp3KP1392980297.jpg

あの「マカロン」のお店を眺めたり

02wRGRqruQvy_kT1392980556.jpg

eEI6r_rBZyQpEed1392980403.jpg

眺めたり

ycHKu9t6UpuV7mk1392980440.jpg

ギャラリー・ラファイエットでShoppingしたり

EGTgYepTT0zY3Jl1392980515.jpg

パリの夜と言ったら、「ムーラン・ルージュ」のShowを楽しんで

「憧れの北フランス8日間」の旅は終わりました☆

Tn9N2obTW83pG7Q1392980623_1392980640.jpg

帰りの朝、8時でも満月の空

ioJLxMvjYKppjbl1392980715_1392980738.jpg

薄らと、朝日が出てきて、オレンジ色の空に

思い出いっぱいのフランスの旅でした

dG0C4tAChXoAcuM1392980843_1392980858.jpg

UuffMsMhV67yjRn1392980914_1392980928.jpg

また行きた~~い!!
【 2014/02/21 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

フランス旅行 4 後半

♪パリ観光 後半です


世界遺産 ベルサイユ宮殿を観光した後は、

glBy0sEy4U5SlIF1392893805.jpg

パリ市内に戻り
有名な、ルーブル美術館見学です。

バスで、地下の駐車場に入って行くのですが、ガイドさんは空いている事に驚いていました。

普段は駐車場が車で一杯になるそうなのですが、私にとってはラッキー!「空いている~」

見学しやすいではないですか。♪

4VyOQFV8SS5r7T_1392893838.jpg

この写真の地下駐車場です

odoVDffS8Obdqn81392893952.jpg

ruMU53tmSXwmW9S1392893898.jpg

ルーブル美術館の、あのガラスのピラミッドの地下はこうなっているのですよ~

6tyIang4mLfAlcz1392895067.jpg

一日観ても足りない美術館ですが、

私たちは、1日でパリの主な観光地を周るので、2時間位で有名は作品を観るだけの

ハイスピードで、見学です。(笑)

B91eD7vTedXfv841392894053.jpg

ギリシャ彫刻の「三美神」像

A3pOfkXbizWiVLG1392894118.jpg

JLKCzTAflHsPQM21392894015.jpg

fQCDeqxpF8ATdnB1392893986.jpg

これはとても有名な「ヴィーナス」像

ガイドさんの説明では、右斜めから見た姿が一番美しいとのことです。

ミロのヴィーナスの貴重なところは、

畑の中から布に巻かれた状態発掘されたので、お顔が綺麗なままで掘り出されたことだそうなのです

石像は、完全な形では、まず残っていないので、

それを復元していくのが大変なのですね。

有名な「ミケ」の像は、修復中で残念ながら今回は見ることが出来ませんでした

WO3vZQ34BxeSDWj1392894523.jpg

HCLOvaG6oNn1dQC1392894492.jpg

B0GItm191jddyBf1392894387.jpg
小学生の団体を、よく見かけます、

おそらく学校の授業で、見学しているのですが、

日本でしたら美術教科書で学ぶのを、
生の絵画を前にして学べるなんていいなぁ・・・最高の環境ですね。

A1JcPIAYksUW1Lv1392894457.jpg
3DHc4qTbJFxkRFU1392894342.jpg

この二枚の絵は、前からと後ろから描いた絵で面白いです

90mEVGrCBuOwDqr1392894164.jpg

1GbTswVH5bR6nJm1392894085.jpg

世界的に有名な「モナリザ」

この絵だけは、別格扱い。

2K0H58SSHvaLWQE1392897992.jpg


モナリザの絵1枚だけを観る部屋があります

美術館のほとんどの彫刻・絵画はケースに入っていず、そのままの作品を観ることができますが、

モナリザだけだ、一部屋貰いケースに入っているのです。

どの位置にいても、モナリザが微笑んでいるように見えるところもその素晴らしさの秘密だそうです

ecwcCQx15TosTuW1392898017.jpg

この絵もモナリザと同じくダビンチ作 ほら、こちらを見ているでしょう

美術館の、メイン作品だけを ささっと見学後は

セーヌ川クルーズです
YsnmG6Ztx_oQT6_1392894598.jpg

XvJccP3KWw7OlCu1392894676.jpg

nns7mwYXHsFLOCz1392894641.jpg

セーヌ川から見る、パリの古い建物を見るのも良いです~

その後は、直ぐにホテルに帰らず
b4ZU7bzF9xAMWz81392894843.jpg

エレベーターで

dBPJUfFVn5c4pJt1392894931.jpg

bDmOSVOdeh1ip8K1392894888.jpg

エッフェル塔に上りました

あいにくの雨で最上階の展望台には、行けませんでしたが、

高所恐怖症の夫は、中展望台で一杯一杯です、柵だけでまるっきり外になるので、結構怖かった~

四日目は、こうしてパリの有名どころを一日で観光でしたが

生まれて初めて行く、私にとっては、十二分に楽しめた一日でした。

そして、最終日の五日目の観光は、不安で楽しみな終日自由行動の日です。。。

つづく
【 2014/02/20 】 旅行 | TB(0) | CM(0)

フランス旅行 4 前半

フランス旅行も、後半

パリは、見どころ満載で四日目は、2回に分けて載せたいと思います。

朝の集合時間は、まだ薄暗い時に出発です

今年のフランスは、暖冬で持参したハイネックのセーターは、着ずに持ち帰ってきました。

お天気は、一日の中でも、晴れたり・曇ったり・小雨だったりと刻々変化していました

夜になると、雨が降り朝にその雨が少し残って降る感じでした。

♪パリ観光初日は、あいにくの雨を市内を通りベルサイユ宮殿に向かいます

HSHsqMrPz5Q3yMd1392807108.jpg

凱旋門をバスの中から見て感動
DwQkKd7scyz542L1392807152.jpg

バスで、約45分の所に宮殿があるのですが、
ルイ14世は、子供のころ市民暴動の恐ろしさを経験して、それを防ぐためにパリ市内から離れた遠くにお城を建てたそうです、

しかしながら、暮らしが貧困になった市民の暴動で滅びていったとは、皮肉な運命です。

6rauxekD2Esx3XQ1392810890 (1)


V6Q1XeVNyKOt3WE1392807272.jpg

この時期、お天気も雨だし観光客が少なくて、誰も庭園には居ません

OAl23b1HZrg5WKa1392807354.jpg

とてもとても、広~いです。

CASvySmFMGabO9C1392807482_1392807581.png

rt2zQSLFPPA2eHZ1392810977.jpg

宮殿には、1000以上の部屋がありますが、見学できる部屋は限られているので、2時間位で観光します

有名な「鏡の間」

写真で見ていたより狭いというのが感想です。

どの部屋も豪華絢爛☆☆

IqI8HvePLRiIM7n1392807778.jpg

IeQI19Rtvt2o7ym1392810778.jpg

4qByggYxqdeR7tI1392810741.jpg

QdPyxkLU0AW6sI_1392807730.jpg

29wHN4LEtVPoVHm1392807968.jpg

3Lqtz9T9DFXfpuD1392810833.jpg

この宮殿が建てられた時代、パリ市民は貧しく

パンも食べられない位に貧しいことを王に訴えたら、マリー・アントワネットは

パンが食べられなければ、お菓子を食べればいいんじゃないと言ったことは有名な話です

その市民はパリ市内から歩いて宮殿に行き、暴動を起こしたそうです。

結果、マリー・アントワネットはパリの広場で処刑されました

ガイドさんは、パンのために市民が暴動を起こしたと話していました、

パンのために・・と思ったのですが、食は命ですものね

当時のフランス人は一日に約700グラムのパンを食べていたそうです

(そう聞いてみると、ホテルでバイキングの朝食時に、日本人はいろいろな食べ物をお皿に乗せてきますが、フランスの方かどうかしりませんが外人の方は、お皿に山盛りパンをよそってきて他のお料理はあまり食べていませんでした)

その歴史的な、場所に居ることになんともいえない感覚でした~

旅行は、今まで本で読んだりテレビで観ていた場所を、

自分の目で観て、身体で感じることが出来ることが素晴らしいです。

後半は、ルーブル美術館&セーヌ川クルーズです

つづく
【 2014/02/19 】 旅行 | TB(0) | CM(2)

フランス旅行 3

この週末の豪雪には、日本中が混乱しましたね~

いろいろな予定がキャンセル・延期になり、出来た時間でやり残した様々な事をしたりしていました。


♪フランス三日目

モン・サン・ミッシェルを後に
_olUB1XfiV1d7K11392719876.jpg

バスは、オンフルールへGO

フランスの夜明けは遅く、バスの中で朝日を見ます

cKFPrCMANtZ4E1b1392719970.jpg

オンフルールは、古い港町
F45xfTgyV5bxqwG1392720013.jpg

632WnU9QqfsdeYF1392720110.jpg

隣と隙間が無く建っている建物、どのようにして建てたのでしょう?

港町を散策して、添乗員さんお薦めの魚の缶詰をお土産に買ってきました。

添乗員さんは、ここに来るたびに違った味の缶詰を買って帰るそうで、

どれも失敗が無く美味しいと聞き、皆で買っちゃいました~


お昼を挟んで、次の観光地 ルーアンへGO

ルーアンは、「ノートルダム大聖堂」見学です。
7DqWGqEGoxUHVTj1392720338.jpg

CUYA0w46KgS3QvF1392892845.jpg


この写真は、横側から観たところですが、横も見事

0I4RZEihLzmaPZo1392720390.jpg

正面は、工事中でした、

この大聖堂は、戦争で大被害を受けたのですがここまで修復しました、

OhUklsYtwQ9qAju1392720455.jpg

tHxtphuqCyxD0rJ1392734230.jpg

このステンドグラスの青いコバルトブルーがとても貴重

戦争中、大聖堂のステンドグラスは、一枚一枚外され大切に守ったので、こうして残っているそうです。


他に、沢山の素晴らしステンドグラスがあります。


画家のモネが、大聖堂に魅せられて何枚も絵を描いているのも有名です。

自由行動の日に、パリのルーヴル美術館でその絵の一枚を観ることができました。

モネって言うと、植物とか人物とか優しい絵が特徴ですが、このような建物も描くのですね~

大聖堂は、モネらしく柔らかなタッチで描かれていました。

ルーアンの街並み散策
hVWsXPuFtHYcKTx1392722179.jpg
LcnMWuMtApo8NfG1392722256.jpg

この時計は、ルーアンの町で有名な時計です。

150年前の建物を、大切に保存されていて店舗として利用されています、

現代のマックが、150年以上前の建物の中に店舗として入っているところもあり、珍しい光景でした~

KDmInf4RitRkgi91392722347.jpg
この塔は、ジャンヌ・ダルクが焼身の刑を受けた場所で、今は教会が建っています。

ルーアン観光後は、いよいよパリ!!
約3時間バスに乗り
nPQUL8QJ4q29aTV1392722705.jpg

見えてきました、生エッフェル塔。丁度満月に到着です☆
kFok2Dp4P5mTvV71392722776.jpg
(バスの中から写したので、ブレてしまいました)

四日目は、と~ってもおなじみの観光コスーです、お楽しみに♪

つづく
【 2014/02/18 】 旅行 | TB(0) | CM(2)

フランス旅行 2

先週の大雪にも驚きましたが、

またまた週末雪になってきました。

明日は雪かきしないと・・・かなぁ・・・



♪さて、頑張ってブログの写真のアップをしたのは、いいのですが、

旅行の観光1日目と2日目が逆になってしまいました(+_+)

この旅行に決めた第一が、世界遺産 モン・サン・ミッシェル観光でしたので思いが熱く第一に載せてしまいました~

それで、今日は1日目の観光を載せますね(*^_^*)
OOdC4v6TEb6vukf1392376827.jpg

L8hDrj_B_ZpH0iL1392374740 - コピー

世界遺産 「シャトル大聖堂」

今の時期は、10時位にならないと夜が明けず、まだ薄暗い時間から観光が始まりました。

qi70V0CGhQe2h6s1392374780.jpg

大聖堂近くのカフェの窓辺

自由行動の時間、カフェで私たちの添乗員さんがお茶していました~

ポット好きの私としては、一緒にお茶したかった。



その後 ロワール地方へ GO!

またまた世界遺産「シャンポール城」

ここは、中身が空っぽで、外から見学のみです。

フランスのお城は、時代と共に度重なる戦いで、お城の中の家財は略奪され残っていないのです、

外側は、修復され立派。

MfKklwfNtZhaiwt1392374912 - コピー



そして、「シュノンソー城」

このお城は、珍しく家具が残っています、

pV_TZ8t3ejjLT3B1392375028_1392375427.png

1QlzgdYbOSybIut1392375852.jpg
この部屋はルイ十四世のサロンです、

豪華ですね~

7wsaQLzSux0KTA_1392379205.jpg

S8IO4iTNkgNe6E01392379395.jpg
0PH1ifUW_GRk3cb1392379430 (1)

このタペストリーが素晴らしいそうです、

何百年も経っているので、色あせてしまいましたが、作られた当初は鮮やかだったでしょうね


このお城は六代の未亡人が守ってきたお城だそうです、

なぜこのお城だけ、家具装飾品が残っているのかと言いますと

最後にこのお城を守った、夫人が地域の方に人望が厚く、

城が滅びても、地域の方が略奪せず、城を守ったからだそうです。

うむ~んん、関心しました。。

なんで、未亡人ばかり・・と考えたら、当時男性は戦いで長生きできなく女性が残るのですね・・・


つづく
【 2014/02/14 】 旅行 | TB(0) | CM(4)